山出勝治 展2018年05月19日 14時14分44秒

山出勝治 展
昨年は京都まで見に行った「山出勝治 展」

今回は出身高校のある多治見市と
生誕の地美濃加茂市であった。
着物や帯なども展示されていたが、
絵としての染め物の大作が多かった。
例えば近江八景、熊野古道、奥の細道の各シリーズ
からの作品が見所だった。
同級生や幼なじみなど沢山の人が見に来たとの事で、
喜んでいました。
<経歴>
1942年
  岐阜県美濃加茂市に生まれる
1967年
  京都市立美術大学(現芸術大学)西洋画科卒業
1971年
  養父・山出守二(染色工芸家)に師事し染色を始め、現在にいたる
 日展、日工会展、京展、京都府工芸美術展等に出品入選
  個展、グループ展を開催
1993年
  創工会展京都工芸賞受賞
1995年
  「現代京都の工芸展」に選抜
1996年
  「平成と次代を担う染色展」に選抜
1998年
  京展市長賞受賞
1999年
  創工会展知事賞受賞
2000年
  京都工芸美術作家協会展奨励賞受賞
2001年
  創工会展京都工芸賞受賞
2004年
  創工会展京都工芸賞受賞
2005年
  日工会会員賞受賞
  世界ロウ染め会議inボストンに参加及び出展
  ロウゾメマスターinジャパンに出展(ボストン・ワシントンDC・シアトル巡回)
2006年~7年
  イギリスでの「Batikの変遷-個展から現代-」に出展(ロンドン他7都市巡回)
京都工芸美術作家協会会員・日展会友・日本工匠会(日工会)会員
  創工会会員


招待状




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sekitake.asablo.jp/blog/2018/05/19/8854193/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。