山出勝治展2017年03月25日 09時32分11秒

3月22日京都三条通りへ山出勝治展へ行って来た。

平日にもかかわらず、来客も多く盛況で良かった。

2月11日いとこの油絵の個展に行って来た。

5月の初旬にも友人の写真の個展に行くつもりだ。

知り合いの個展が続く。








ひな祭り2017年02月24日 16時10分22秒

  箱を出て 初雛のまゝ 照りたまふ (水巴))

今年も豪華では無いがお雛様を孫のために飾りました。

早く春が来ないかな。




ピンボケ親爺2017年02月12日 15時44分23秒


私が以前使っていたポジフイルムでは銀塩写真だったら現像までに1カット30円はかかる、
4つ切りの焼き付けなら更に900円位かかります。
何でもかんでもシャッターは切れませんでした。
ネットに投稿するには更にスキャナーで読み込んでデジタル化しなければならない。
今は目くらめっぽーシャッターを切り続けても全然ストレスもたまらない。
だからなのかこんな無駄な写真が、、、、腕も上がらない、、
これまでどれだけこんな馬鹿げた駄作に費やしてきたのだろう。
下手な横好き、飽きる事無く今日も写真を撮っている。

さーてどこに居るでしょうか枯葉の埋もれてしまったピッタリ保護色のトラツグミ。

遠すぎてレンズがとどかないハイタカ、これ以上の望遠は予算もなくレンズを持つ
                                           体力も無い。

木の枝にピントは合ってますがお目当てのシメにはピント外。

失敗作はこんなものじゃありません、数え切れなくあり投稿できません。
失敗は成功の基に非ず、失敗しても学習能力もありません。
日々進展のデジタル技術で私の失敗作助けてください。


小枝にピッタリのピント
ピンボケ シメ

望遠がとどかない、こっちへ来てよ
とどかない サシバ

どこにいるでしょうか トラツグミ
見事な保護色 トラツグミ

お稲荷さん2017年01月10日 11時18分16秒

6日にお参りに行って来た。 
ここは日本三大稲荷とも言われる、長良川下流の右岸の田園地帯の一角にある、
東西700m南北400m位のエリアにある御千保稲荷である。
本殿は近所の村の神社位の小さい社殿の大きさです、
そこの参道は昭和20年から50年にタイムスリップ。
おーっと寅さんが口上を叫んで現れそうな、そんな雰囲気の参道が懐かしくてとても良い。
その参道には野菜の店、ゼンマイ仕掛けのおもちゃを売っている店とか、草餅(ヨモギの餅)の店、
川魚の料理屋さん特にウナギではなくナマズのかば焼きも有名、人気の店先で立ち食いの串カツの店、
縁起物の店、植木屋、うどん屋さん、漬物屋さんなど昭和の雰囲気の店ばかり。
ここは商売、縁結びの神様です、その昔は色町の人、水商売をしていた人や、機織り屋、営業マンなどがお参りに来る。
1月は無論、仕事のけじめの月毎の晦日の夜、大晦日の夜は沢山の参拝者で賑わう。
一対の狐が祭ってあるが、対の狐に白や桃色の腰ひもで結ばれて巻かれている、こで縁結びを祈願す、、、
叶わぬ恋と知りつつも恋を叶えてほしいと神頼みする切ない女心の証か、
                    もしかして寅さんのマドンナが巻いた腰紐かも、、、、
正月は無論だが、特に月末、年末の夜中が賑わう、拝殿の前には無数の名刺が供えられている。
参拝はまずお揚げと?燭とお神酒(瓶のお酒)を購入拝殿にお供えします。

御千保稲荷


参道

苗木や


参拝

招き猫

川魚料理店

年賀状ありがとう2017年01月07日 15時14分31秒

今年も150通ばかりの年賀状をいただき、
楽しく拝見、
好きな人たちと
の絆を確かめています。
今年も独断と偏見による、酔ちゃん賀状コンテスト発表。
最近は沢山の年賀状サンプルがありビジュアル的にもなかなか面白い賀状も多い。
でも明らかに手作りの賀状は余計に嬉しい。
書家、同級生、篆刻家、着物絵師、能面師、料理屋店長などの年賀状です。

















私の今年の年賀状

<< 2017/03 >>
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

このブログについて

ホームページ 「人が好きです、自然が好きです。」   http://www.ne.jp/asahi/seki/take/
を管理いたしておりますが。
写真を撮るのが好きです。
風景や花などを撮っています。
旅行も好きですが、ほとんど国内撮影旅行です。
旅先で出会った人との出会いも好きです。
撮影先の出来事、最近の季節のことなどを
書きこんで行きたいと思います。
なおトラックバックやコメントにつきまして
このブログの趣旨に沿わないと思ったときは勝手に削除させていただきます。

欲は無し 金も無いけど 酒は飲む

携帯からアクセス

RSS